陥没乳頭治療の費用(料金)サイト

スポンサードリンク

陥没乳頭手術の費用について

陥没乳頭とは、乳首がバストの中にもぐりこんでいる状態をいいます。


乳頭が陥没している人は、案外に多いのではないでしょうか?

刺激を与えても乳頭が現れにくい人や乳頭が勃起するとでてくる場合があります。

そのまま放置しておくと、陥没部分にアカが溜まったり、赤ちゃんが生まれて授乳する際にも障害となってしまいます。

赤ちゃんが乳首を吸えないんですよね。これから赤ちゃんを出産する予定のある方は、早めに陥没乳頭手術を考えてみてはどうでしょうか?

妊娠してからでは遅いです。妊娠する前にゆっくり手術を受けておけば安心ですね。

陥没乳頭手術は、乳管を傷つけないので、母乳がでないということはありません。


陥没乳頭手術になるとまず何が気になりますか。私は、費用が気になりますので調べてみました。

調べたところ一般的には、片方で10万から20万円ぐらいが相場になっています。

陥没乳頭手術の費用は案外高いので、悩みます。

まずは、色々な美容外科の手術のやり方や費用を調べてみましょう。

陥没乳頭手術の費用も違いますし、術後のアフターフォローも違います。

自分にピッタリ合った方法で信頼のできる先生にお願いしたいですね。

失敗だなんてありえませんから・・・

陥没乳頭手術について

陥没乳頭がおこる要因は乳管の短縮にあります。単純に乳頭の周りの皮膚や皮下組織を動かしても陥没乳頭が直るわけではありません。

乳管を完全に切断できれば形は整いますが、乳汁は分泌できなくなります。

乳汁は分泌出来る状態で、乳管を伸ばすという手技が必要なのです。

また手術を行っても、後戻り現象を防止することも大切な役割になります。


陥没乳頭の一般的な手術方法を紹介します。

まずは、乳頭にくさび状に切れ込みを入れ乳頭につながっている乳菅の部分に特殊な糸を通します。

乳頭を通常の位置になるようにその糸を使い引っ張りあげてだしてあげます。

陥没乳頭手術は、片方で1時間ぐらいです。麻酔は、局所麻酔です。

手術は日帰りでできます。血行の状態は大変重要ですので、術後翌日の診察をかかさず行いましょう!


2週間ほどその状態をキープし乳頭が完全に露出するようにクセをつけます。

クセがついてしまえば引っ張りあげるのを止めます。引っ張りをやめても再び陥没することはありません。

陥没乳頭手術は、確実性が高い手術で、傷跡が目立ちません!しかし術後1週間は乳頭釣り上げ器をつけなくてはいけないんです。

胸以下のシャワー浴になります。1週間の我慢が必要になります。

陥没乳頭術後2週間ほどで腫れは引いてきます。徐々に硬さを増してきます。傷跡もやや赤黒く感じるかもしれません。

術後2〜3ヶ月で硬さもやや落ち着き、傷跡の色合いも良くなっていきます。

完全に乳頭が落ち着くのは、6ヶ月程度かかります。

スポンサードリンク